« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

モアナと伝説の海

 南の島に住む少女の冒険を描いたディズニーアニメ映画「モアナと伝説の海」を見てきました。
 封切3週目日曜日、新宿ピカデリースクリーン8(157席)午前8時10分の上映は8割くらいの入り。

 幼い頃に卵から孵ったばかりのウミガメを鳥から助けて海に好かれた南の島に住む村長の娘モアナは、サンゴ礁の外の海に好奇心を持ち続けていたが、父トゥイからサンゴ礁の外の海に出ることを固く禁じられていた。トゥイ自身が若いころ仲間と外海に出て大波に遭い仲間を失った苦い経験をしていたためだった。成長したモアナは村長を継ぐ決意をしたが、ヤシの実が水分を失い、内海で魚が獲れなくなって、モアナの知恵では解決できない危機が訪れ、モアナは、幼い頃祖母から聞かされた人間の英雄マウイが世界を創造した女神テ・フィティの心を奪ったため暗黒が訪れたという伝説を思い出し、マウイを探し出してテ・フィティに盗んだ心を返させようと、海へと漕ぎ出すが…というお話。

 少女の冒険と成長がテーマで、それはよく描かれていると思うのですが、物語(伝説、童話)としては、モアナが帰還した(一応ネタバレではありましょうが、この設定でモアナが帰還しないという進行はあり得ないでしょう)際に、モアナが冒険に出る前に生じていた問題(ヤシの実が水分を失ってカスカスになっている、内海で魚が獲れない)が解決したという描写がはっきりなされていないのは、不完全燃焼感があります。海洋の民としての本分を取り戻すというところにポイントがあったのかもしれませんが、それであれば、女神にマウイが盗んだ心を返すということは必要なかったわけで、ディズニーにしては、抜かりがあったと思います。

 本編上映前の短編アニメは、健康管理と単調なデスクワークに縛られたビジネスマン(そう言えば、今どきにしては、女性労働者も同時に描こうという努力が見えなかったような…)の悲哀を描き、たまには自由にやりたいようにやろうよというものでしたが、春休み公開のアニメのターゲット層のお子様連れ(字幕版上映ではわずかしかいませんでしたけど)にはちょっと物悲しいかと思います。

2017年3月20日 (月)

わたしは、ダニエル・ブレイク

 役所から手当受給を拒否され当惑し苦しむ心臓病で働けなくなった高齢の大工とシングルマザーの姿を描いた映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」を見てきました。
 封切3日目月曜日・祝日、全国11館東京2館の上映館の1つヒューマントラストシネマ有楽町シアター1(162席)午前10時20分の上映は満席。

 心臓病のため医師から労働を禁止された59歳の大工ダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、支援手当の受給を申請したが、「就労可能」と判定され受給を拒否される。拒否の通知に異議を述べようとしても役所への電話はつながらず1時間48分待たされた挙句、認定人からの電話連絡の後でないと不服申立はできない、電話は認定人の手が空いたらかけるだろうと言われるだけ。憤慨して役所に行ったダニエルは、ネットで予約しないと受け付けられないとにべもなく拒否され、パソコンは使えないと言っても相手にされない。ロンドンからニューカッスルに引っ越してきたばかりで道に迷ったというシングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)を予約時間に遅れたと追い返す役人に、ダニエルは幼子を2人も連れた母を追い返すなんてひどいと抗議するが、一緒に役所から追い出される。フードバンクでの配給を受けたとき、空腹のあまりその場で棚にあった食品をむさぼり情けなくなって泣き崩れるケイティに、付き添ってきたダニエルは、あんたは悪くない、立派にやっていると励ますが、ダニエルも隣人や周囲の人々の助けを受けてパソコンから申請手続をしても、役所の壁は厚く…というお話。

 冒頭、おそらくは民間委託(アウト・ソーシング)で支援手当(日本の生活保護に相当するものと思われる)の受給要件として就労できないことの認定を担当する医師でも看護師でもない「医療専門家」が、ダニエル・ブレイクにマニュアルに沿って質問を続けるシーンが象徴的です。心臓病のために医師から働くことを禁止されたダニエル・ブレイクが、それを繰り返し述べているのに、心臓病とは関係なく、「介助なしで50m歩けるか」「手を上にあげられるか」等の一般的な質問を続け、その点数だけで機械的に判定する。ダニエルからすれば、医師から労働を禁じられているのだから、死亡/心臓病悪化のリスクを賭けるのでなければ働きようがない、それにもかかわらず手当の受給の段になると、手当を受給させないために極端に狭くされている要件(生活保護の不正受給などを言い立てるマスコミ等の連中がそれを後押ししている)を盾に「就労可能」と判定されてしまう。役所は法律(実際は役所がつくった基準)を口実に手当受給は拒否し、それを申請者側の落ち度と言い、また民間委託により責任を回避しようとする。こういった役所のやり口で、役所は手当の受給を減らし(税金は役人の給料や軍事費や銀行や電力会社の救済のような役人の目から見て有意義な使い道に回されることになる)、困っている人が、本来権利を有する手当の受給をできず貧困にあえぎ、健康を害し、またホームレスになっていく。この作品で描かれている、制度としては存在するセーフティネットが役所の都合で本来適用されるべき人に適用されない実情は、言うまでもなく、イギリスだけのことではありません。
 そして小役人、または民間人でも一定の権限を持たされた者が、弱者に対しては居丈高にふるまい権力を濫用したがるのも、普遍的な姿です。この作品ではアン(ケイト・ラッター)というダニエルの力になろうとし、ダニエルにあきらめないでと言い続けるケースワーカーと思われる職員も登場しますが、良心的な職員が少数いたとしても、組織の中でどうにもできません。
 手当を受給できず食べるものにも困り最終的には体を売ることになるケイティを、本来は助けるべき役所の代わりに励ますのが自分も手当が受給できず苦しんでいるダニエルであったり、ダニエルを最後に支援手当不支給に対する不服申立手続の専門家(弁護士と思われる)のもとに導くのがケイティというあたり、貧しい者同士の助け合う姿の美しさを感じるのですが、本来は役所がきちんとやるべきことをやっていればどちらも救われたはずなのにという思いが募ります。
 ダニエルが、自分は人間だ、犬ではないと言い、ずっと働き、税金を払ってきたしそのことを誇りに思っている、権利のはずの手当をなぜ誇りを持って/プライドを捨てずに受けることができないのかと問う姿は、りりしくも悲壮感が漂い、見ていて涙が出ます。
 こういう作品をパルムドール(最高賞)に選んだカンヌ国際映画祭の姿勢は称賛に値すると思います。

2017年3月19日 (日)

SING シング

 廃業を迫られる劇場主が再起を賭けて歌のオーディション企画に取り組むという、「ミニオンズスタッフ最新作」映画「SING シング」を見てきました。
 封切3日目日曜日、新宿ピカデリースクリーン5(157席)午後6時10分の上映は、ほぼ満席。

 父が洗車屋で稼いだ資金で劇場主となったコアラのバスター・ムーン(声:マシュー・マコノヒー)は、出資者に追加の出資を断られ、銀行に返済を迫られ、役者へのギャラも払えず、長年の友人の羊のエディ(声:ジョン・C・ライリー)にも廃業を勧められていたが、一発逆転を狙い、アマチュアの歌唱オーディションを行うことにした。賞金は全財産をはたいて1000ドルの予定だったが、秘書のトカゲのミス・クローリー(声:ガース・ジェニングス)のミスで10万ドルと印刷された大量のチラシが配布されてしまう。劇場には応募者が長蛇の列をなし、バスターは8組を選んで準備を進めるが、選ばれた者たちもそれぞれの事情があって…というお話。

 追い込まれた劇場主バスターのあがきと、選ばれた歌手のそれぞれの事情、特に25匹の子どもたちの世話に追われる日常を過ごしつつ夢を持つブタの主婦ロジータ(声:リース・ウィザースプーン)、自分より才能に欠ける俺様男の恋人との関係に悩むヤマアラシのアッシュ(声:スカーレット・ヨハンソン)、ギャングのボスの父親に盗みの手伝いをさせられて悩むゴリラのジョニー(声:タロン・エドガートン)、あがり症で人前で歌えないゾウのミーナ(声:トリー・ケリー)の物語で、見せる作品です。
 私には、ブタの主婦ロジータの、25匹の子どもたちの世話に明け暮れ、帰宅するや疲れて眠りこみロジータの様子はもちろん存在さえ把握できていない夫(この夫自身、へとへとになるまで働かされている、強欲な経営者の犠牲者だと思うのですが)との日常を抱えながら、晴れの舞台での輝き(必ずしもその日常から脱出しようというのではなく、一時の夢として)を求めるバイタリティに、最も魅力を感じました。画としては太めのブタなのですが、そのロジータに、10代のアッシュよりも魅力を感じてしまうのは、やはり私の年齢のせいか。

 オーディション等の場面で多数の歌が流れる中、きゃりーぱみゅぱみゅの歌が日本語で流れ(いずれも一瞬でしたが、公式サイトで確認すると3曲も)、レッサーパンダの5人組のアイドルグループが日本語でしゃべり(私は、「ミニハムず」(古い!(^^;))をイメージしてしまいましたが…)、と日本市場を意識した構成になっています。
 公式サイトでも「ミニオンズスタッフ最新作」が謳い文句になっていて、上映開始直前にミニオンズが登場します。独立の短編というほどではなく、今後ミニオンズの新たな作品が出るぞという広告で、そのエンドは制作会社の「 ILLUMINATION 」が「 ILLUMINATION 」になるというミニオンズの宣伝です(色が変わったところが、MINION になっている)。エンドロールの後、続編制作決定のお知らせがあり、予告編で大活躍のブタのグンターが出てきたので、続編の一部が予告編として出るのかと思ったら、それもなしですっと終わってしまいました。ディズニー/ピクサーと互角の戦いができる制作会社になるには、こういうところ、きちんと観客の期待に応える必要があると、私は思うんですが。

2017年3月12日 (日)

お嬢さん

 結婚により莫大な遺産を相続することになっている屋敷に囚われたお嬢さんを騙す計画で詐欺師と侍女が乗り込むR18+指定のミステリー映画「お嬢さん」を見てきました。
 封切2週目日曜日、全国15館東京3館の上映館の1つTOHOシネマズシャンテスクリーン2(201席)午前10時20分の上映は7割くらいの入り。R18+指定ではありますが、割と女性の観客もいました。

 1939年、日本の植民地支配下の朝鮮で、叔父上月(チョ・ジヌン)の屋敷で膨大な書物に埋もれて叔父の命で書物の朗読をして日々を過ごす秀子(キム・ミニ)が、結婚すれば莫大な財産を相続することになっており、自分が秀子と結婚して財産を手にしたあと秀子を日本の精神病院に閉じ込めて財産を自由にしようという詐欺師(ハ・ジョンウ)に誘われ、スッキ(キム・テリ)は「珠子」と名乗って秀子の侍女として屋敷に入り込み、藤原伯爵を名乗って上月に取り入った詐欺師をアシストして、秀子が詐欺師に好感を持つように仕向けようとする。しかし、一方で秀子の世話をするうちにスッキは秀子に好意を持ち、さらには思いを寄せ、ついには性的な関係を持ってしまい、心が揺れ…というお話。

 3部構成の作品の第2部まで隠していることなので、書いてしまうとネタバレではありますが、予告編でもお嬢さんと人形の疑似性交や春画が登場するのでまぁ推測がつくと思います。この作品では、叔父の下で軟禁状態のいたいけな少女(お嬢さん)が叔父と叔父の取り巻きのスケベ男たちの前で春本を朗読させられ続けているというシチュエーションが重要な意味を持っています。原作( FINGERSMITH 邦題は「荊の城」:サラ・ウォーターズ、2002年)は、ロンドン郊外の人里離れた古城が舞台ですが、これを日本支配下の朝鮮を舞台にしたのは、日本の支配層にそのような堕落を見出し/感じたということなのでしょうね。
 韓国映画ですが、日本の支配層の屋敷が舞台のため、半分近いセリフが日本語です。しかし、この日本語が、ネイティブの日本語スピーカーには片言のたどたどしさが残り、違和感があるというかどこかしらけがちです。お嬢さんが、いたいけな少女が、叔父やスケベ男たちの前でエロ本を朗読するシーンは、観客にはお嬢さんの肉声で聞かせるのがアピールすると思いますし、それは観客の母国語の方がいいと思いますが、これだと、韓国の観客は字幕で見ることになり、日本の観客は片言の日本語で、どちらも今一つに感じるんじゃないかと思いました。いたいけな少女感が、たどたどしい日本語の方がふさわしいという向きもあるかもしれませんが。

 力入れて、原作を読んで見たのですが、公式サイトの解説で「…そして、物語の幕開けから60分、我々は予想だにしなかった展開に目を見張ることとなる」とある第1部の終わり、ここは原作を読んだ時には、確かに考えてみれば相応に布石はあるのですが、驚かされましたが、さすがに原作を読んでから見ると、予定通りの展開です。しかし、むしろ原作を読んでから見た観客には、その後第2部の後半、これも予告編にありますからいいでしょうけど、お嬢さんの首つりシーンがまず驚きで、そこからは原作から大きく外れていきます。原作からの離脱が、好ましいかどうかに意見が分かれるでしょうけれど、例えばグリムのラプンツェルで王子とラプンツェルを7年間も荒野をさまよわせて苦労させなくても、と思う私のようなタイプには、この作品の展開は、原作よりも好ましく、原作を読んで重苦しく感じた読者には最も喜ばしく痛快と言えるでしょう。いやいや物語の主人公は激しく苦労しなければ(貧民層の読者でも世の中にはすごく苦労している人がいるんだ、自分はまだまだましだと思えるようでないと、読者が、救われないじゃないか!)というタイプには、原作の重厚さが失われているということになるのでしょう。
 お嬢さんとスッキの長めの濡れ場が3回あるのは、R18+の観客サービスなんでしょうね。スッキの側から見る第1部とお嬢さん側から見る第2部で2回出てくるのは一応必然でしょう(2回目も同じだけの長さで繰り返す必要があるかは…)けど、3回目は必然性はあまり…

2017年3月 5日 (日)

ラビング 愛という名前のふたり

 1967年、異人種間の婚姻を禁止したヴァージニア州法を無効とする判決を勝ち取ったラビング夫妻を描いた映画「ラビング 愛という名前のふたり」を見てきました。
 封切3日目日曜日、全国で13館東京では唯一の上映館TOHOシネマズシャンテスクリーン1(224席)午前10時の上映は6割くらいの入り。

 黒人の恋人ミルドレッド(ルース・ネッガ)から妊娠を告げられた白人のレンガ職人リチャード(ジョエル・エドガートン)は、喜んでミルドレッドに求婚し、2人はワシントンDCで結婚の手続をして、ヴァージニア州の自宅に戻った。深夜保安官(マートン・ソーカス)が2人の自宅を襲い、2人を逮捕した。ヴァージニア州では黒人と白人の結婚が禁止されていたからだ。リチャードが依頼した弁護士は司法取引(有罪答弁)を勧め、直ちにヴァージニア州を立ち去り2人一緒にはヴァージニア州に戻らないことを条件に懲役1年、執行猶予25年の判決が言い渡された。2人は、ワシントンDCのミルドレッドのいとこのうちで結婚生活を過ごすが、子どもが交通事故に遭ったことを機にミルドレッドは逮捕されてもヴァージニア州に戻りたいと言い出し…というお話。

 公民権運動のシンボルの1つとなった裁判の当事者を、リチャードは朴訥な無口で悲観的な職人、ミルドレッドは前向きで希望を捨てないが活動家ではなく夫についていくタイプの人物と描いています。ルース・ネッガの潤んだ瞳と笑顔が魅力的です。
 そういう、活動家ではない、ごく普通の庶民の裁判が歴史を動かしたという事実、言い換えれば、ほんの60年ほど前のアメリカで、普通の庶民がただ結婚したというだけで逮捕・投獄されていたという事実に、感動と驚きを覚えます。
 タイトルの「ラビング」 Loving は Love の現在分詞ではなく、2人の名前。原題は単純に " Loving " で、アメリカでは公民権運動史上の人物として通じるのですが、日本では無名のため、邦題に苦労の跡がしのばれます。

 ミルドレッドがケネディ司法長官に書いた手紙がACLU(アメリカ自由人権協会)に回され、ACLUが組織的に取り組むことになって、ACLUから指名された弁護士バーナード・コーエン(ニック・クロール)がラビング夫妻と面談します。その際、コーエンが、すでに有罪判決から5年がたっていて、控訴できないので、争うために2人でヴァージニア州に戻り再逮捕されることを提案し、リチャードから直ちに拒否されます。当事者が公民権運動の活動家で、組織として悪法の撤廃に向けた運動の活動方針を協議しているのなら、それもありでしょうけど、普通の当事者にそういうこと、言うかなぁ。その後、コーエンが、優秀な人権派弁護士フィリップ・ハーシュコプ(ジョン・バース)から憲法訴訟の経験を聞かれて、ほとんどないと答える場面、さらにはハーシュコプが、再逮捕されたらまずいぞという場面が置かれ、コーエンが経験の乏しい弁護士と評価されていますけど。
 裁判を進めながら、リチャードが、弁護士たちを評して、「ただの弁護士などあてにならん」というシーンがあります。ACLUが運動として取り組んでいるために無償とされているわけですし、ACLUが組織的に取り組んでもこう言われるのって…世間の弁護士への視線に、忸怩たる/悲しい/嘆かわしいものを感じます。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ