« ちはやふる 上の句 | トップページ | バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 »

2016年3月27日 (日)

砂上の法廷

 キアヌ・リーブス主演のリーガル・サスペンス映画「砂上の法廷」を見てきました。
 封切り3日目日曜日、全国で11館東京では唯一の上映館TOHOシネマズシャンテスクリーン2(201席)午前10時20分の上映は8割くらいの入り。

 大物弁護士ブーン・ラシター(ジム・ベルーシ)が自宅の寝室で殺害され、17歳の息子マイク(ガブリエル・バッソ)が逮捕されて起訴され、ブーンの妻でありマイクの母であるロレッタ(レニー・ゼルウィガー)からマイクの弁護を依頼されたラムゼイ(キアヌ・リーブス)は、マイクがひと言も話してくれないまま、公判期日を迎えた。検察側証人が、マイクがある時期からブーンと対立していたこと、凶器のナイフにはマイクの指紋がついており駆けつけた警察官の前でマイクが自白したことなどを次々と証言し、ラムゼイは手探りで反対尋問をするが、状勢は誰の目にも検察側の圧倒的優位に推移していく。サポートを依頼された「嘘発見器」のあだ名を持つ休職明けの弁護士ジャネル(ググ・ンバータ=ロー)は、検察側証人が次々と嘘を言っていることを見抜くが、打つ手はない。ラムゼイは、モハメド・アリとジョージ・フォアマンの対戦を引き合いに出し、あまりに一方的な展開だと陪審は負けている方に同情すると言い、今はまだ負け続けるんだとうそぶくが…というお話。

 公式サイトのキャッチ、予告編のラストが「94分、あなたは騙され続ける。」。確かに騙されましたが、しかし、この騙され方は、後味が悪い。公式サイトで、タイトルと同じ大きさで、「この結末、他言無用。」と書かれていますので、具体的には言いませんが。
 法廷シーンは、いたずらに派手にしないで、異議も、関連性なし、探索的尋問(根拠なし)などの日本の裁判でも異議を言いたくなるような場面に限定されています。ただ、検察側の主尋問が、主要なポイントまで含めてほとんどが誘導尋問(Yes、Noで答えられる質問)なのは、尋問として素人くさいし、弁護側から異議が出るか裁判官から注意されそうに思えました。
 弁護側の正当防衛(緊急行為)の主張に対して、検察側が、凶器のナイフはどこにあったのか、ナイフを事前に用意していたのか、それはなぜか、危機的状況にありながら心臓を一刺しというのは不自然ではないか等の質問・指摘をすることもなくあっさり引くのも疑問に思えました。
 予期せぬ展開が、結局は功を奏する形になったのですが、当初の予想通りに展開した場合に、ラムゼイがどうするつもりだったのか、プロとしてどういう読みだったのか、同業者として、気になるところです。

« ちはやふる 上の句 | トップページ | バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/64674364

この記事へのトラックバック一覧です: 砂上の法廷:

» 黙秘する少年そして弁護士は キアヌ・リーブス「砂上の法廷」 [千恵子@詠む...]
映画「砂上の法廷」 原題:The Whole Truth 移民を描いた社会派の「フローズン・リバー」のコートニー・ハント監督だから見た。 女の芸術家を応援するんだもんね。 しかし、彼女自身も弁護士資格を持ち、配偶者は弁護士だというのに...裁判ものとしては不明瞭。 ...... [続きを読む]

» 「砂上の法廷」 [ここなつ映画レビュー]
法廷物と言えば、弁護士と検事の駆け引きの中で、ラストに明らかにされる真実、大どんでん返しなど、驚きが散りばめられたものであるのが常である。本作でも、公判中一言も口をきかなかった被告の青年が最終局面で明かした真実などは驚くべきものであると思うのだが、本作で一番驚いたのは、レニー・ゼルウィガーの老けっぷりだった!ネットなどで彼女の美貌がちょっとアレになってきた情報は以前から得てきていたものの、実際に動いている彼女を見ると、いやはや…。「ブリジット・ジョーンズの日記」の時には、友達にしたいNo.1クラスの... [続きを読む]

« ちはやふる 上の句 | トップページ | バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ