« スター・ウォーズ フォースの覚醒 | トップページ | きみといた2日間 »

2016年1月 1日 (金)

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

 スヌーピーで人気のマンガ THE PEANUTS の35年ぶりの映画化作品「 I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE 」を見てきました。
 封切り5週目金曜日映画サービスデーの元日、新宿ピカデリースクリーン5(157席)午前9時10分の上映は2割くらいの入り。元日の午前9時台に映画見に来る客がどれくらいいるかって話ではありますが。

 冬の朝、クラスメイトがスケートやアイスホッケーをしようと待ち受ける中、スヌーピーを連れてチャレンジし続ける凧揚げに向かい、やはりうまく行かずに気落ちするチャーリー・ブラウンの隣に、赤毛の少女が引っ越してきた。チャーリーはその少女に一目惚れするが、翌日クラスに入ってきたその転校生に話しかけることもできない。転げてきたその少女の鉛筆を拾ったチャーリーをスヌーピーが後押しして隣家のチャイムを押そうとしてもチャーリーは直前で逃げてしまう。そんなある日、全国統一テストで、チャーリー・ブラウンが校内でただ1人満点を取ったと発表され、あり得ないと疑うルーシーをよそに、クラスメイトが次々とチャーリーの家を訪れ、妹のルーシーはチャーリーグッズを売り出し、チャーリーは一躍人気者となるが…というお話。

 チャーリー・ブラウンの恋と引っ込み思案の試行錯誤と、スヌーピーの妄想の世界での戦闘機パイロットフライング・エースと宿敵「レッド・バロン」の闘いの2つのストーリーが交互に進みます。スヌーピーファンには、見どころ満載で満足という評価になるのでしょうけれども、ちょっと引いた私の目には、その2つの話がまったくリンクしないので、なんだか統一感がない印象になり、スヌーピーの戦闘機乗り部分はない方がいいかなという思いでした。まぁスヌーピーを活躍させるためには、そういうエピソードを作らないとうまく行かないのでしょうけれども。
 お人好しで純朴なチャーリー・ブラウン、抜け目なく立ち回りつつ癇癪持ちのルーシー、のんびり我が道を行くペパーミント・パティなど、スヌーピーとウッドストック以外のキャラクターも味を出していて、そのあたりを味わう作品なのだろうと思います。チャーリーを支える役回りからか、ライナスが原作でのイメージよりりりしい感じがして、少し意外。
 登場人物の関係が、この作品のテーマとなるチャーリー・ブラウン→赤毛の少女(転校生)のみならず、ペパーミント・パティ→チャーリー・ブラウン、ルーシー→シュローダー、サリー→ライナスと、いずれも片想いというのが、簡単ではない青春ものになっていて、ややほろ苦く切ない。

« スター・ウォーズ フォースの覚醒 | トップページ | きみといた2日間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/63257861

この記事へのトラックバック一覧です: I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE:

« スター・ウォーズ フォースの覚醒 | トップページ | きみといた2日間 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ