« ピエロがお前を嘲笑う | トップページ | ぼくらの家路 »

2015年9月27日 (日)

恋人まで1%

 20代後半ニューヨーカーたちの戸惑いを描いたラブコメ「恋人まで1%」を見てきました。
 封切り2週目日曜日、全国唯一の上映館ヒューマントラストシネマ渋谷シアター2(173席)午後0時30分の上映は2割弱の入り。ほとんどがカップルでした。

 バーやクラブで一夜限りの相手をハントし女性と重い交際を避けて気軽なセックスだけの関係を続ける本の表紙デザイナーのジェイソン(ザック・エフロン)とダニエル(マイルズ・テラー)は、親友の医師マイキー(マイケル・B・ジョーダン)が浮気をしている妻から離婚を求められて落ち込んでいるのを知り、マイキーを励まそうとして、今後も女性とつきあわずに軽い関係を続けると宣言した。しかし、ジェイソンは、ハントした後で売春婦だと誤解してこっそりベッドイン後に逃げ出した相手のエリー(イモージェン・プーツ)が出版の顧客として仕事場に現れて再会してから次第に心惹かれていき、ダニエルは友人のチェルシー(マッケンジー・デイビス)と恋仲になり、他方、マイキーは妻ヴェラ(ジェシカ・ルーカス)をあきらめきれず…というお話。

 3組のカップルの組み合わせでストーリーが展開し、基本的にはジェイソンとエリーが軸になるのですが、どちらかというと私には、ダニエルとチェルシーの関係が微笑ましい。チェルシーが一番大人っぽい魅力を振りまいているということに私が惹かれているだけかも知れませんが。
 親友2人から新しい女を作れと励まされながら、妻をあきらめられずにいるマイキーがいじらしい。自分が浮気をして、マイキーに離婚を求め、その後「6か月もセックスレスだった」と文句を言いつつマイキーの勤務先の病院のベッドでセックスして仲直りをしたように見えながら、しかしその後も浮気を続け、それが発覚すると「子どもを作ろうと言ってくれなかった」と詰るヴァラは、ちょっと酷いと思う。それは私が男であり、夫の立場だからなのでしょうか。女性客は、マイキーが悪いとみるのでしょうか。ヴァラの浮気の相手が「敏腕弁護士」というのは、アメリカで憎まれ役が弁護士とみるべきか、憧れの職業とみるべきか…

 公式サイトのイントロダクションに「アメリカで初登場3位のスマッシュヒットを記録したラブコメディ!」と書かれています。公開初週末興収が第3位で売り文句になるのは驚きですが、アメリカでは公開初週末(2014年1月31日~2月3日)が第3位、翌週第5位、3週目10位でその後ベストテンに顔を出していません。日本では、公開時点で上映館が全国で1館だけで、その1館が2週目日曜日お昼過ぎでガラガラって…ラブコメで、ザック・エフロンで。
 その数少ない観客のほとんどはカップルでしたが、出会ってまずセックスして、「それで ( So… ) 」、私たちつきあってるの?という問いかけがなされる映画をカップルで見ることを誘うのは、どちらなんでしょう。

« ピエロがお前を嘲笑う | トップページ | ぼくらの家路 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/61798410

この記事へのトラックバック一覧です: 恋人まで1%:

« ピエロがお前を嘲笑う | トップページ | ぼくらの家路 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ