« アバウト・タイム | トップページ | ベイマックス »

2014年12月28日 (日)

あと1センチの恋

 すれ違いを繰り返す幼なじみ同士の恋を描いた映画「あと1センチの恋」を見てきました。
 封切り3週目日曜日、シネ・リーブル池袋シアター2(130席)午後0時30分の上映は5割くらいの入り。観客の多数派は女性同士、次いでカップルというところ。

 イギリスの田舎町に住むロージー(リリー・コリンズ)は、18才の誕生日にパーティーで酒を飲み、ダンスしながら幼なじみのアレックス(サム・クラフリン)とキスをしてその直後に酔いつぶれて倒れてしまう。ひどい二日酔いで何も覚えていないロージーは、様子を見に来たアレックスの前で、すべてなかったことにしたいとこぼす。プロムにイケメン男グレッグに誘われたのを断ったロージーは、海岸でたき火の前でそのことを話している時、同級生のベサニーがアレックスに声を掛け、アレックスにベサニーをダンスに誘えばと言い、今誘いなさいと勧め、結局アレックスはそのままベサニーと肉体関係を持ってしまう。ロージーはグレッグとダンスに行きそのままセックスするが、慣れないグレッグがコンドームを行方不明にしてしまい、結局ロージーは妊娠してしまう。アレックスから一緒にボストンに行こうと誘われ、ロージーもボストン大学に合格していたが、合格通知を持ってアレックスのところへ行くとアレックスはベサニーとセックスの最中、おまけにロージーは自分が妊娠したことを知り、アレックスには言えずじまい。ハーバード大学の医学部に合格したアレックスはボストンに行ってしまう。ロージーは1人で子どもを育てながら、薬屋で知り合ったルビーとともにホテルで働き、アレックスはボストンで知り合った女性とつきあい婚約し子どももできる。アレックスに呼ばれてボストンに行ってそれを知ったロージーはアレックスにキレまくる。その後、アレックスは相手の浮気と子どもの父親も違うことを知り別れるが、そのことをロージーに言えないうちに、ロージーは訪ねてきて復縁を迫るグレッグと結婚してしまう。グレッグの不誠実な態度に怒ったアレックスはロージーに愛してると手紙を書くが、グレッグがそれを隠してしまう。そして…というお話。

 お互いに好意を持っていることは明らかな幼なじみが、ちょっとしたすれ違いで長い間結ばれず、その後も行き違いが繰り返されて別の人生を歩み続けるという、いかにも少女漫画にありそうなパターン。
 でも、ロージーは、グレッグとあっさりHしちゃうし、その後もよくわからないおじさんと手錠付でHしたり(SM?)、グレッグとよりを戻して結婚してしまうし、アレックスもベサニーと肉体関係を続け、ボストンでは別の女性と婚約してしまい、イギリスに戻ってもベサニーとよりを戻して結婚してしまうというように、お互いに相手を待つという姿勢じゃないのが、少女漫画パターンとは違います。お互いにあっさり別の人と肉体関係を持ったり子どもも作ったりしちゃうわけですから、あんまり純愛・悲恋って思いにくい。
 たぶん、女性客から見ても、悲恋よりは、ロージー、ドジで不器用だねぇ、そこが共感できる、みたいな受け止め方なんじゃないかと思います。
 むしろ、アレックス、そんなにロージーに思いが残るのなら、どうしてベサニーと関係を続けたり、ボストンでも婚約したりしちゃうのか。ロージーが来た時の晩餐での態度を見てもかなりキレやすい人だけど、アレックスの心がロージーに向いているのが見えるから相手も浮気したようにも思えてしまいます。

 今ひとつ目の前の相手に対する誠意が感じられない2人のすれ違いは、それがテーマだけど、置いといて、ロージーのお父さんがすごくいい人なんですよね。ロージーがアメリカのボストンに進学すると言いだした時も、いずれ自分でホテルを経営したいと言った時も、つまらんイケメン男(妊娠を聞いたらすぐ逃げた)の子どもができた時も、ロージーが赤ん坊の夜泣きに苦しんでいる時も、いつもロージーに味方して、願っていれば夢は叶う(ディズニーランドか?とも思いますけど)とか、お前には能力があるとか言って力づけたり、赤ん坊は泣くもんだお前の時もひどかったと納得させるし、こういう父親でありたいと思ってしまいます。
 それに、ロージーの親友となるルビーも、口は悪いけど、ロージーを支えてくれます。(そういうことを考えると、ロージーの母親の出番というか役割が今ひとつに思えますけど)
 そういういい人に支えられて、ドジで不器用なロージーが何とか人生をやりくりして、しあわせをつかむ、むしろそういうストーリーとしてみた方が、元気が出るかも知れません。

« アバウト・タイム | トップページ | ベイマックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/58437857

この記事へのトラックバック一覧です: あと1センチの恋:

« アバウト・タイム | トップページ | ベイマックス »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ