« キャプテン・フィリップス | トップページ | 大脱出 »

2014年1月18日 (土)

ジャッジ!

 広告業界ドタバタコメディ映画「ジャッジ!」を見てきました。
 封切り2週目土曜日、シネ・リーブル池袋シアター1(180席)午後0時20分の上映は4割くらいの入り。

 見る人を幸せにするようなCMを作りたいという夢を持って広告代理店「現通」に就職したがうだつが上がらず上司大滝一郎(豊川悦治)にいいように利用されている落ちこぼれクリエイター太田喜一郎(妻夫木聡)は、大滝に代わってサンタモニカ国際広告祭の審査員を務めるよう命じられる。仕事と英語ができるギャンブル狂いの同僚大田ひかり(北川景子)を会場がラスベガスに近いことを餌にニセ妻として同行させた太田は、現地に着いた後で大滝からクライアントの息子が道楽で作った駄作のちくわCMを入賞させないとクビだと知らされる。太田はアニメTシャツや大田のちくわプレゼンで審査員たちから好評を得るが、他の審査員たちが行っている取引や裏工作が気に入らず、自社出品のCMへの支持を持ちかけられずにいた。ライバル代理店の凄腕クリエイターはるか(鈴木京香)の作ったTOYOTAのCMができがいいのに審査会幹部の工作で予選落ちしたのを知った太田は憤り、そんな太田の姿を見てあんないやな女放っておけと大田はすねるが…というお話。

 かって広告祭グランプリを取った「逆風は、振り返れば追い風だ」という靴のCMを見て、見る人を幸せにするようなCMを作りたいとクリエイターを志した、少年の心を持つ不器用で純朴な主人公が、試行錯誤しつつも志を曲げずに進むことで周囲に温かい気持ちを拡げ人々を少しずつ変えていくというパターンのヒューマンストーリー+そんな不器用で純朴な男に惹かれていくラブストーリーです。
 かつて同じ広告祭の審査員だった謎の男鏡(リリー・フランキー)の怪しげでいい加減なアドバイスにしたがって他の審査員を説き伏せていく太田、最後には夢が叶いそうでもありますが、かつて同じ道を行った先輩の鏡が今資料室に独り押し込められているのを見るとその将来は果たして…

 エンドロールで「この番組は、TOYOTA、エースコックとご覧の各社(丸井を含む)の提供でお送りしました」とするのがふさわしい映画でした。
 広告業界をパロディ化しあるいは広告業界の裏側を批判的に描写して、裏工作はせずにいいものはいいと評価すべきだというテーゼを示しながら、しかしこの作品は全体としてTOYOTAのCMといってよい内容(作品中で使われているTOYOTAのCM : TOYOTA human touch は、実際に2006年のカンヌ国際広告祭で銀賞をとったものですが、実際にはその時のグランプリだったGUINNESSを押しのけて、「ビールのCM」よりずっといいというのは「ヨイショ」以外の何ものでもないのでは?)。さらにエースコックもこの映画で度々登場するCMとタイアップして映画公開直前に映画で使われたCMに登場するキツネうどんを新発売。広告業界のしたたかさというか図太さというか腹黒さを感じます。
 内容からしたら映画にしなくてもテレビドラマでやってきちんとTOYOTAとエースコックの提供と表示した方がいいんじゃないかと思いましたが、考えてみたらあまりにも露骨でへたするとテレビだと番組扱いできない(全体がCMとみなされる)リスクがあるから映画にしたのかも。
 コメディとしてのできは悪くないけれど、あまりにも特定の企業への媚びの姿勢が強くて、その点で後味が悪いというかしらける思いでした。

« キャプテン・フィリップス | トップページ | 大脱出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/54657505

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッジ!:

» 『ジャッジ!』が問う日本人のあり方 [映画のブログ]
 広告業界を舞台にした『ジャッジ!』は、ゆるい笑いに満ちたコメディだ。  しかもそれだけにとどまらず、なかなか教訓に富んでいる。  『ジャッジ!』の主人公は、広告代理店で働きながらも、モテない、仕事できない、うだつが上がらない青年・太田喜一郎だ。  ある日突然、サンタモニカで開催される広告祭の審査員を上司に振られた彼は、世界中から選ばれたトップクリエイターに交じってCMの審査をする...... [続きを読む]

» 『ジャッジ!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ジャッジ!」□監督 永井 聡 □脚本 澤本嘉光 □キャスト 妻夫木 聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、       荒川良々、玉山鉄二、田中要次、風間杜夫、でんでん、伊藤 歩、加瀬 亮 ■鑑賞日 1月11日(土)■...... [続きを読む]

» ジャッジ! [映画的・絵画的・音楽的]
 『ジャッジ!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ルームメイト』での演技がなかなか良かった北川景子が出演するというので、映画館に行ってきました(注1)。  本作の冒頭は、「きつねうどんのCM」(注2)の撮影風景が描かれます。キツネの着ぐるみに広告代理店・...... [続きを読む]

» 映画「ジャッジ!」役者良し、脚本よし、小粒だけど傑作! [soramove]
映画「ジャッジ!」★★★★面白い! 妻夫木聡、北川景子、 鈴木京香、荒川良々 リリー・フランキー、豊川悦司出演 永井聡 監督 105分、2014年1月11日より公開 2013,日本,松竹 (原題/原作:ジャッジ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告では妻夫木くんの 情けない姿が何度も繰り返されるが 映画自体も同じような内容、 く... [続きを読む]

» 映画『ジャッジ!』を観て [kintyres Diary 新館]
14-6.ジャッジ!■配給:松竹■製作年、国:2013年、日本■上映時間:105分■料金:0円(1カ月FP12本目)■観賞日:1月13日、TOHOシネマズ府中(府中) □監督:永井聡◆妻夫木聡◆北川景子◆鈴木京香◆リリー・フランキー◆荒川良々◆豊川悦司◆加瀬亮◆風間杜夫◆玉山...... [続きを読む]

» ジャッジ!  監督/永井 聡 [西京極 紫の館]
【出演】  妻夫木 聡  北川 景子  鈴木 京香  豊川 悦司 【ストーリー】 大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する広告祭に向かう。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同...... [続きを読む]

« キャプテン・フィリップス | トップページ | 大脱出 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ