« 永遠の0 | トップページ | キャプテン・フィリップス »

2014年1月11日 (土)

麦子さんと

 子どもの頃に家を出たきりだった母親と再会した娘の心情を描いた映画「麦子さんと」を見てきました。
 封切り4週目土曜日、テアトル新宿(218席)午前11時40分の上映は3割くらいの入り。上映20分前に行ったら映画館の前に長蛇の列。え゛っ週末興行成績が一度もベストテンにも入ってない映画が4週目でなぜ?と絶句してたら、単に開館が遅かっただけ。

 子どもの頃に母が家を出たきりで3年前に父親が死んで兄憲男(松田龍平)と2人暮らしをする声優志望のアニオタ娘小岩麦子(堀北真希)の元に突然母赤岩彩子(余貴美子)が尋ねてきた。憲男は最初追い返したが、麦子には内緒で父の死後毎月15万円の仕送りを彩子から受けていて、それなしでは生活できないからと、あっさり同居を受け入れる。生活習慣の違いや感覚のズレから彩子に嫌悪感を感じる麦子を尻目に、憲男は彼女と同棲すると行って出て行き、麦子は彩子と2人暮らしになる。麦子は彩子のためにトンカツを揚げて待っていたが、その日彩子はバーの手伝いをして遅く帰り、冷蔵庫にトンカツを見つけ麦子が作ったと知って無理をしておいしいおいしいと言って食べるが気持ちが悪くなり吐いてしまう。けたたましい音の目覚ましをかけながら起きない彩子への不快感もあり、「あんたのこと母親と思ってないから」と麦子が突き放したその夜、彩子は出先で倒れ帰らぬ人となった。四十九日の納骨のため彩子の生まれ故郷の町を独り訪れた麦子は、町の人々から彩子そっくりだと言われ大歓迎を受け…というお話。

 子どもの頃に母に見放され、ずっと会いたいと寂しい思いをし続けたのに会いに来てくれなかった母への怨みと断罪、他方で密かに仕送りをし続けてくれたことを知りまた現実にそばにいることで思いやる気持ちが芽生えながら、生活習慣や世代の違いから来る摩擦や不快感もありすれ違う思いといった、ねじれた環境での母と娘の愛情をテーマとした作品です。
 やや誇張気味ではありますが、母親のがさつさ、ルーズさ、体の不調から来る怠惰っぽい鈍さと、それに対する娘の嫌悪感の描き方がいかにもありがちな感じで、リアリティがあるというか親世代側からは身につまされる思いがします。
 母親への怨みと嫌悪感を持った娘が、母の生まれ故郷を訪れて、母親が町中の人たちから好かれていたことを知り思いを改めるという設定はいいのですが、町の人々が母親を好いていた理由が、若い頃の容姿が優れ町のアイドルだったというのはどうかなぁと思います。女性の価値は顔の善し悪しと言わんばかりに思えますし、映画を見た娘たちの多くに「うちの母親は違うし」と思われてしまいそう。人柄がよかった(親切だった)とか人格者だった(正義感が強く曲がったことが大嫌いだった)とかで人望があったという設定の方がいいと、私は思うのですが。

 彩子がアイドル歌手を目指して町を出る時に親から持たせられた目覚まし時計が20年以上たっても現役という物持ちのよさ。概ね同世代としては、テーマソングの「赤いスイートピー」とともにノスタルジーを感じました。

« 永遠の0 | トップページ | キャプテン・フィリップス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/54596836

この記事へのトラックバック一覧です: 麦子さんと:

» 『少年H』『麦子さんと』『グッモーエビアン!』『ザ・コール [緊急通報指令室]』 ムービープラス・アワード2013 [映画のブログ]
 ムービープラスが実施しているムービープラス・アワード 2013。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  今年は男優賞、女優賞が一部門の俳優賞にまとめられ、その代わり作品賞が洋画、邦画に分けられた。  投票に当たっては、例によって当ブログで未紹介の作品であることを心掛けた。  すなわち、取り上げたい作品であったにもかかわらず、ブログ記事をまとめるには至らなかったことを、...... [続きを読む]

» 『麦子さんと』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「麦子さんと」 □監督 吉田恵輔□脚本 吉田恵輔、仁志原了□キャスト 堀北真希、松田龍平、余 貴美子、温水洋一、麻生祐未■鑑賞日 1月4日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>  主演...... [続きを読む]

» 麦子さんと [映画的・絵画的・音楽的]
 『麦子さんと』をテアトル新宿で見ました。 (1)昨年11月に見た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督の続けての作品ということで見に行ってきました。  物語は、主人公の小岩麦子(堀北真希)が、兄の憲男(松田龍平)と二人で一緒に住んでいるところに(父...... [続きを読む]

« 永遠の0 | トップページ | キャプテン・フィリップス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ