« ワン・デイ 23年のラブストーリー | トップページ | 臨場 »

2012年6月30日 (土)

ブラック・ブレッド

 スペイン内戦後の傷跡の残る村での殺人事件をめぐるダーク・ミステリー「ブラック・ブレッド」を見てきました。
 封切り2週目土曜日、全国4館、東京2館の上映館の1つ銀座テアトルシネマ(150席)午前9時45分の上映は3~4割の入り。

 森の奥で父親の仕事仲間のディオニスとその息子のクレットが息絶えようとしているのを目撃したアンドレウ(フランセス・クルメ:新人)は、警察で目撃状 況を聞かれるが、同行した父ファリオル(ルジェ・カザマジョ)が左翼活動家でディオニスとともに村八分にされ鳥の鳴き声大会などを行っていたことから警 察に目をつけられ、祖母の家に預けられて父が村から姿を消してしまう。祖母の家から新しい学校に通い、まわりの子供たちから冷やかされながら、従姉のヌリ ア(マリナ・コマス)に大人たちが隠しているさまざまなことを知らされるうち、父親は警察に逮捕され、アンドレウはディオニスの妻から父とディオニスの秘 密を聞かされ・・・というお話。

 スペイン内戦後の勝ち組と負け組がいがみ合いながら住む村、貧しい時代あるいは貧しい村という設定の下、勝ち組側、資産家側の醜さを描いていることも確 かですが、結局のところ、ストーリーとしては、反体制のあるいは左翼活動家の末路は、いくら理想や理念をいっても結局は村八分にされ悪事に手を染め、その 妻は夫を救うために操を捨て屈辱を忍び、子は父や母の生きた道ではなく別の道を進んで子にも見捨てられるというように、反体制派に「こっちの水は甘いぞ」 と誘いかけるように見えます。こういう作品を見るたびに、特に妻が夫を救うために性的な屈辱を受けるとか夫を裏切るとかいうシーンを見ると、心をえぐられ る思いをするとともに、制作者側の反体制派への悪意を感じます。

 事故で左手首から先を失い、教師と関係を持つヌリアの登場で、ヰタ・セクスアリス的な展開を予想しました。私が小学生の頃こういう年上の子に導かれたら たぶん別の人生が待っていたかもなんて幻想/願望込みで。ここでのアンドレウの潔癖さが、後の展開を哀しいものにもしているのですが。
 ただ、この映画でのヌリアの役回りは、薄幸の身で娼婦のようにいわれ蔑まれてアナーキスト的に振る舞って結局相手にされないという道化役ないしはアナー キストの末路的なもので、これまた見ていて哀しい。私は、やはり制作者の外れ者への悪意を感じてしまいます。「ゲド戦記」(映画じゃなくて小説の方)でテ ハヌーが希望の星とされたのとは対照的ですね。

« ワン・デイ 23年のラブストーリー | トップページ | 臨場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/46101412

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ブレッド:

» 映画「ブラック・ブレッド」少年時代の濃密な時間 [soramove]
「ブラック・ブレッド」★★★☆ フランセスク・クルメ、マリナ・コマス、 ノラ・ナバス、セルジ・ロベス出演 アグスティー・ビジャロンガ監督、 113分、2012年6月23日公開 2010,スペイン、フランス,アルシネテラン (原題/原作:Pa negre) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「この映画の予告編が良かった、 見ていて内... [続きを読む]

« ワン・デイ 23年のラブストーリー | トップページ | 臨場 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ