« ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2 | トップページ | 黄色い星の子供たち »

2011年7月30日 (土)

いのちの子ども

 ガザ地区に生まれた免疫不全症の乳児の命を救おうとイスラエル人医師とジャーナリストが奔走するドキュメンタリー「いのちの子ども」を見てきました。
 封切り3週目土曜日、全国で2館、東京では唯一の上映館のヒューマントラストシネマ有楽町の午後1時の上映は8割くらいの入り。

 イスラエルのジャーナリストエルダールは、医師ソメフから、ガザ地区から送られてきた免疫不全症で骨髄移植治療をしなければ1歳まで生きられない乳児ムハンマドを救うために治療費5万5000ドルの募金キャンペーンを依頼される。ムハンマドの母ライーダは、イスラエルのプロパガンダにすぎないと反対していたが、匿名の寄付者が現れ、治療が進められることになった。兄姉3人は骨髄の型が適合せず、従姉妹25人の型を調べることになったが、ガザ地区からの検問所通過はままならず血液サンプルをガザ地区で取って検査した結果、従姉の1人が適合者とわかる。自爆テロでの検問所封鎖で遅延した後、何とか入国を果たした従姉から骨髄の移植を受け、紆余曲折を経てムハンマドの体に従姉の骨髄が定着していく。ライーダと話すエルダールは、私たちにとって命は重くない、エルサレムは私たちの聖地だ、エルサレムに行ってみたい、聖地を守るために殉教するのは当然だ、一命を取り留めたムハンマドが成長して殉教してもかまわないと話すライーダに失望するが・・・というお話。

 目の前の一人のパレスチナ人乳児の命を救うために懸命になっているイスラエル人と、そのパレスチナ人の自爆テロで時折イスラエル人が殺傷され、その報復などのためにパレスチナ人を毎日数十人単位で殺傷し続けているイスラエル国軍の存在という矛盾を、乳児の命を救われる側のパレスチナ人からと救おうとするイスラエル人側からどう受け止めていくかというところがメインテーマとなります。
 イスラエル国軍に親族や知人たち同胞を日々殺傷されながら、その敵のイスラエル人に息子の命を救われるライーダは、より複雑な揺れる心情を見せ、その揺れる思いが更に踏み込んだテーマとなります。
 また、一人の命の救済や個人間の交流では解決できない民族間紛争の姿の描かれようも、見せどころとなっています。

 おそらくはソメフ医師の立場からは、自分は目の前の命を救うことが仕事で、それがイスラエル人の命であれパレスチナ人の命であれ関係ない、そして遠くで他人が行う殺戮は自分の手ではどうしようもなくそのことで思い悩んでも仕方ないと整理されることだろうと思います。自分のことを考えても、守るのが多くの場合「命」でなく「権利」とか被害の回復ということになるだけで、自分が担当した事件の依頼者はできるだけ何とかしようと思いますが、同種の被害者が多数いるということまで何とかしようとしても手に余るというか身が持たないですから。
 しかし、映画では、ジャーナリストを語り手とし、多数の同胞を背景に語る母親との対話を入れることで、民族的な視点というか全体主義的な感覚と具体的な個人の交流をともに意識させて、簡単な整理を排しています。簡単な解決、さらにいえば完全な解決があり得ないことを認識させつつ、結局は個人レベルの顔の見える関係を取り結び信頼関係を重ねていくことで平和の大切さを少しずつ浸透させていくしかない、そういうアピールと読みました。

« ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2 | トップページ | 黄色い星の子供たち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610242/43132771

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの子ども:

« ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2 | トップページ | 黄色い星の子供たち »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ